冷蔵おせちと冷凍おせち


通販おせちの種類

今やお正月の主流になっている通販おせちには、冷蔵おせちと冷凍おせちがあるのをご存知ですか?
一見たいして変わらないように思いますが、けっこう違いがあります。冷蔵おせちと冷凍おせち、どちらを選んだ方がよいのか詳しく調べてみましょう。

冷蔵おせち

冷蔵おせちは生おせちともいわれており、生の状態で冷蔵されたおせちが配達されます。

冷蔵おせちのメリット

冷蔵おせちのメリットの一番のメリットは、作りたての美味しいおせちをそのままの状態で届けてもらえることです。冷凍されて風味や食感が損なわれることがありませんので、食材そのものの味を楽しむことができます。
冷凍おせちのように解凍する手間が必要ないのも、冷蔵おせちの魅力です。

冷蔵おせちのデメリット

冷蔵おせちは、冷凍おせちとは違って消費期限が短いので、美味しく食べるには早めに食べなければいけません。
鮮度を保つための工夫はしてくれていますが、地域によっては配達してもらえないところもあるようです。また販売数も種類も冷凍おせちに比べて少ないのがデメリットといえるでしょう。

 

気をつけないと行けないことですが、中には冷凍したおせちを解凍して届けている冷蔵おせちもあります。
生おせちの風味を楽しみたいと思ったら、実は冷凍だったということのないように、詳細をきちんとチェックする必要があります。

冷凍おせち

通販おせちの大半を占めるのが冷凍おせちです。
冷凍されていると味が落ちていると考えて敬遠する方もいるようですが、最近の冷凍技術はとても進んでいるので、出来たての味を楽しむこともできます。

冷凍おせちのメリット

冷凍おせちの一番のメリットは、やはり長期保存ができることでしょう。食べたい時にあわせて解凍すれば、好きな時におせちを食べることができます。
冷凍おせちは美味しくないと以前はいわれていましたが、今は冷凍技術が進歩しているのでそんなこともないようです。

 

冷蔵おせちは、保存を長くするために添加物を加えたり、味付けも濃くなってしまいますが、冷凍おせちにはその必要がありません。塩分制限など健康管理をしている人にも安心です。
冷凍おせちの解凍方法については、だいたい通常冷蔵庫で24時間以上おいておくと食べごろになります。

冷凍おせちのデメリット

冷凍おせちの一番のデメリットは、解凍しないと食べることができないことです。
また解凍に失敗したとよく聞きますが、おせちの種類によって解凍方法が異なるので、説明書通りに解凍するのが失敗しないコツです。

 

また解凍して食べるまでは、冷蔵庫や冷凍室の場所をとるので、そこもデメリットかもしれません。自然解凍もできますが、どちらにしても解凍に時間がかかるので、1月1日の朝からおせちを食べたい場合は、12月30日以前の配達日を指定した方がよいでしょう。

冷蔵おせちと冷凍おせち、どっちを選ぶ?

冷蔵おせちにも冷凍おせちにも、メリットとデメリットがあることがわかりました。どちらもそれぞれいいところはありますが、通販で人気なのは冷凍おせちのようです。
理由としては、冷蔵おせちは数に限りのある限定販売品が多く、おせちの種類が少ないというのもあります。

 

技術の進歩により、両者の味の違いがそれほどなくなっているというのも大きいのかもしれません。逆に保存料や防腐剤を使っていない、冷凍おせちの方が安心という人もいるでしょう。
味の濃い冷蔵おせちより、自然な味の冷凍おせちが美味しいという声もあるくらいです。

 

なお冷蔵おせちの中には、おせちごとに真空パックされているタイプのものもあります。
こちらは本当に作りたての味を楽しめますが、ひとつひとつ開封して自分で盛りつけなければなりません。もともと盛りつけるのが好きだという人、楽しんでできる人にはオススメです。

 

冷蔵おせちと冷蔵おせち、どちらも決して安いお値段のものではありません。
いつ、誰と食べるかという状況によって、どちらを選ぶのかも変わってくると思います。しかしどちらもきちんと注意事項を守れば、美味しく食べられることはまちがいありません。
年の始めに食べる縁起物ですから、失敗しないようによく考えて選びたいものですね。