冷凍おせちを上手く解凍する


お正月の定番となった冷凍おせち

お正月の食卓にかかせないのは、何といってもおせち料理ですよね。特に有名店のおせちを気軽に通販で購入できる、冷凍おせちが大人気です。
でも冷凍おせちの解凍は手間がかかったり、解凍に失敗したりするのではないか、と心配な人もいると思います。
冷凍おせちの失敗しない解凍方法について、くわしく調べてみましょう。

技術の進化で美味しくなった冷凍おせち

数年前までは、冷凍保存のおせちは美味しくないといわれ、通販おせちでも生おせちを好む人が多かったようです。
しかし消費期限の短い生おせちより、保存のきく冷凍おせちの需要が多いことから、さまざまなな工夫がされてきました。
そして作りたてを急速凍結する冷凍技術が進歩したことから、冷凍おせちでも生おせちとかわらない美味しさを維持できるようになったのです。

 

以前の冷凍方法は緩慢凍結といい、ゆっくりと凍結されていたため、料理の組織が冷凍時に壊されていました。
組織が壊されて柔らかくなった料理は、食感もそこなわれてしまいます。
何より、解凍した時に組織内からドリップと呼ばれる液体が出て、美味しさもそこなわれていました。

 

今の美味しい冷凍おせちは、急速凍結という料理の組織を壊さない方法で冷凍されています。
これによって、解凍したときに風味や食感をそこなうことなく、美味しく冷凍おせちが食べられるのです。

冷凍おせちの上手な解凍方法

しかしながら、冷凍おせちを食べた人の中には、冷凍感があって美味しくなかったという人もいます。
でも一方で、冷凍おせちも「生のおせちとまちがえるくらい美味しかった」という人もいるのです。

 

その違いはどこからくるのか調べたところ、美味しくなかったと答えた人は説明書通りに解凍していない人が多いようです。
冷凍した状態で配送される冷凍おせちですから、食べる前に解凍する必要があります。お店によって解凍方法は少し異なりますので、説明書をよく見て指示の通りに解凍するのが一番のコツです。

 

特にはじめて冷凍おせちを購入する人は、冷蔵庫で解凍しても常温で解凍しても味はかわらないだろうと思う人が多いようです。
しかし、その少しの手間を惜しんで、せっかくのおせちが美味しくなくなってしまうこともあるのです。
だいたいの冷凍おせちは、冷蔵庫で1日以上置いて解凍するものが多いです。
そのため冷凍おせちを購入する家庭では、年末からお正月にかけて、冷蔵庫のスペースを空けておく必要があります。

冷蔵庫での低温解凍がおすすめ

やはり冷凍おせちを美味しく食べるために、お店が推奨するのは冷蔵庫での低温解凍です。
冷蔵庫の温度も5℃前後が望ましく、設定温度は強にしてはいけません。

 

どうしても冷蔵庫のスペースがないときは、室内冷暗所での解凍方法もあります。
その場合は、5℃から10℃の温度が保てるところで解凍して、定期的に解凍具合をチェックしなければいけません。

 

しかし予定通りに配達してもらっても、予定より早くお客さんが来ることになったりと、思わぬ事態が発生する事もあるでしょう。
冷凍おせちの説明書には、そんなことも考慮して緊急時の常温解凍のやり方の記載があるものもあります。
しかし常温解凍はおすすめの解凍方法ではないので、ドリップがでてしまったり風味が損なわれることがあります。

解凍おせちの解凍は難しくない

初めて冷凍おせちを購入する人は、解凍時間や解凍方法に不安を感じると思います。
お店もその点は考慮して、わかりやすく丁寧に説明書きをしてくれているはずです。

 

冷凍おせちを購入するにあたって一番大切なことは、
 ・希望の配達日を選べる早めの予約をすること。
 ・年末までに冷蔵庫を整理してスペースをつくっておくこと
です。